テキストと過去問の正しき組み合わせ方

*

テキストと過去問の正しき組み合わせ方

FPは人気資格のため、教育業界は知恵を絞って多種多様な教材を制作・販売してきました。
とはいえ、昔も今もテキストと過去問が「FP受験における、二大教材」です。その点は、これからも変わることはないでしょう。

しかし、FPのテキストと教材はどのように使っていくことが模範的な勉強法・合格必勝法なのでしょうか。

テキストと過去問は、別々に使っていく教材ではありません。テキストと過去問は、同じ製作元から入手した場合は、それぞれが連動する形でつくられているもの。そのつくりにならって、両方を往復しながら勉強していくことが重要なのです。

元来FP受験においては、テキストの役割は「インプット」、過去問の役割は「アウトプット」です。
インプットとは、必要な知識や情報を吸収して脳細胞に刻印すること。アウトプットとは、その知識や情報を、解答用紙に正確にぶつけること、という意味ですね。

テキストを一定量読んだら、過去問を開いて解いていくことが大事です。最初のうちは、見慣れない問題が出てきますがそれでも気にせずに解いてかまいません。もちろん不正解だらけになるでしょうが、最初のうちはそれでも問題ないのです。
逆に、過去問を先に読んでもいいでしょう。もちろんそのときも、不正解が続出するでしょう。しかし、間違えた問題の説明が書かれているページをテキストから探して読めば、理解は必ず早くなるものなのです。

「テキストを完全に読解してから、過去問を開く」なんてやり方をしてはいけません
 それではテキストをやるスピードも過去問をやるスピードも、著しく落ちてしまいます。限りある受験期間を無駄にしないためには、わからない部分を最初は気にしないようにする姿勢が大事です。



テキストと過去問の正しき組み合わせ方関連ページ

FPの勉強なら日本FP協会認定講座にまかせればOK
日本FP協会認定講座なら、教材のクオリティはOKだと考えられます。さらに受験資格ももらえるから、直接2級を受けるのもOKです。
FPの勉強法の主役、過去問題集の正しき決め方
FPの教材の中で、重要なポジションを占めているのが問題集です。とりわけ「過去問題集」 の需要さは、いくら語って […]
FPの勉強法の主役、テキストの正しき決め方
FPの勉強では、どんな方法を選ぶときでも教材がないと話になりません。その中でも絶対に手元になくてはいけないのが […]
受講する「通信講座」を選ぶ際のヒント
TAC・LEC・大原の大手3校にほぼ絞られる通学講座と違って、通信講座は多くの通信教育会社によって開講されてい […]
FP試験に「通信講座」で挑戦する!
通学講座と通信講座、どちらを受講すべきか? 資格取得を目指す受験生にとって、その勉強法として通学講座を受講する […]
受講する「通学講座」を選ぶ際のヒント
学校に通学して講義を受ける「通学講座」は、資格試験における王道の勉強法ではあるのですが、殊にFP試験に限って言 […]
FP試験に「通学講座」で挑戦する!
FP2級以上を目指すなら、講座受講がおすすめ! 新聞やテレビのニュースなどを通じて毎日見聞きする、私たちにとっ […]
FP試験に「独学」で挑戦する!
FP試験の独学のポイント ここまで、級ごと・科目ごとの特徴や勉強法などについて見てきましたが、FP試験の出題分 […]

FPに効率よく合格できる勉強方法

フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

詳細はこちら

ユーキャン

誰もが知っている有名な通信講座。テキストを始めとした学習教材はとても易しく作られているので、初学者でも安心して学習できます。

詳細はこちら

四谷学院

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。

詳細はこちら