受講する「通信講座」を選ぶ際のヒント

*

受講する「通信講座」を選ぶ際のヒント

TAC・LEC・大原の大手3校にほぼ絞られる通学講座と違って、通信講座は多くの通信教育会社によって開講されています。また、通学講座は細かな特徴の違いこそあれ、各講座の内容自体はそれほど大きく変わるものではありませんが、それとは対照的に通信講座は、講座ごとに内容が大きく異なるといった特徴を持ちます。
そのことを踏まえたうえで、このページでは、数あるFP通信講座のなかからおすすめの5講座をランキング形式でご紹介したいと思います。

<FP通信講座おすすめランキング>

  学校名 特徴
第1位 フォーサイト
⇒公式サイト
①業界唯一のフルカラーテキスト、②段階的な学習を可能にする戦略的カリキュラム、③ハイビジョン撮影された講義DVD、④実務経験豊富な講師陣、⑤モチベーションを高める受講生フォローといった特徴を兼ね備えたフォーサイトは、三拍子ならぬ五拍子そろった通信講座。これだけ充実しているにも関わらず受講料もリーズナブルで、費用対効果の点でもたいへん優れた通信講座だと言えるでしょう。
第2位 ユーキャン
⇒公式サイト
言わずと知れた通信教育の最大手。実際に受講生の人数も多くて、FP試験の全合格者のうち9人に1人はユーキャンの受講生だと言われています。

ユーキャンの受講生の多さ、すなわち人気の理由は知名度の高さばかりでなく、その簡易さにあります。講義DVDはありませんが、テキストを始めとした学習教材はとても易しく作られているので、初学者でも安心して学習できます。
第3位 四谷学院
⇒公式サイト
大学受験のノウハウを、資格試験に取り入れたユニークな通信講座です。

四谷学院と言えば「55段階学習システム」と「担任制度」。55段階学習システムはスモールステップに分けて学習するので、1回の学習時間は短時間で済みます。そのため、すきま時間の学習に最適。そして担任制度によって、悩める受講生をしっかりとフォローしてくれます。
第4位 大栄教育システム 実学重視を謳う大栄教育システムでは、小手先の受験テクニックではなく、経済や金融に関する知識をしっかりと学習していきます。

また、通信講座には珍しく、CFP試験に対応した講座を開講している点も特徴のひとつ。FP2級試験合格後にCFP挑戦を視野に入れている受験生は、こちらの通信講座を受講するのも良いかも。
第5位 ECCビジネススクール FP3級までは独学で、FP2級から通信講座を受講する人が多いかと思いますが、ECCビジネススクールでは3級対策講座と2級対策講座がセットになっているので、一気通貫で学習することができます。FP3級も独学ではなく通信講座で学習したいという人におすすめの講座です。



受講する「通信講座」を選ぶ際のヒント関連ページ

FPの勉強なら日本FP協会認定講座にまかせればOK
日本FP協会認定講座なら、教材のクオリティはOKだと考えられます。さらに受験資格ももらえるから、直接2級を受けるのもOKです。
テキストと過去問の正しき組み合わせ方
FPは人気資格のため、教育業界は知恵を絞って多種多様な教材を制作・販売してきました。 とはいえ、昔も今もテキス […]
FPの勉強法の主役、過去問題集の正しき決め方
FPの教材の中で、重要なポジションを占めているのが問題集です。とりわけ「過去問題集」 の需要さは、いくら語って […]
FPの勉強法の主役、テキストの正しき決め方
FPの勉強では、どんな方法を選ぶときでも教材がないと話になりません。その中でも絶対に手元になくてはいけないのが […]
FP試験に「通信講座」で挑戦する!
通学講座と通信講座、どちらを受講すべきか? 資格取得を目指す受験生にとって、その勉強法として通学講座を受講する […]
受講する「通学講座」を選ぶ際のヒント
学校に通学して講義を受ける「通学講座」は、資格試験における王道の勉強法ではあるのですが、殊にFP試験に限って言 […]
FP試験に「通学講座」で挑戦する!
FP2級以上を目指すなら、講座受講がおすすめ! 新聞やテレビのニュースなどを通じて毎日見聞きする、私たちにとっ […]
FP試験に「独学」で挑戦する!
FP試験の独学のポイント ここまで、級ごと・科目ごとの特徴や勉強法などについて見てきましたが、FP試験の出題分 […]

FPに効率よく合格できる勉強方法

フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

詳細はこちら

ユーキャン

誰もが知っている有名な通信講座。テキストを始めとした学習教材はとても易しく作られているので、初学者でも安心して学習できます。

詳細はこちら

四谷学院

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。

詳細はこちら