FP,AFP

*

AFPになる方法・勉強法とは?

FPになりたい人の大半は、まずFP技能士試験なんかに集中しがちですね。
それは別に間違いではありません。ただし、AFP試験にも絶えず注意を払っておかないといけません。
FP資格を通して、就職や転職、あるいは昇進なんかを目指したいのなら、AFPも忘れずに計画的に取得しないといけないのです。

AFPはFP1級や2級と同様に、金融やその周辺の業界では認知度が高く、一定のステイタスが認められている資格です。また、将来もっとFPとして経験を積んだときに、より上級の資格であるCFPを目指す際に受験資格として役に立ってくれます。
FP資格を使って仕事を得たい場合も、FPとしてずっと頑張っていきたい場合も、それなりの効果を楽しめる資格だというわけですね。

残念ながら、「このAFP資格だけで何らかの儲かる仕事にありつける」なんて特典は考えられないのですが、FPの資格としては揺るぎないシェアを獲得しています。

AFPになるための道のり
そんなAFPですが、取得までの道のりはFP技能士と負けず劣らずややこしいものになっています。
いきなりAFPを狙おうとする人はあまりいないでしょうから、ここではFP3級に受かって以後の場合に絞って説明しましょう。
・AFP認定研修を受けて、修了にこぎつける
・FP2級に受かる

この両条件を並立させることで、AFPの資格を認めてもらえるようになります。

ただしAFP認定研修はけっこうハードです。
なにしろ、次のような7つもの科目をこなさないといけません。
・FP基礎
・金融資産運用設計
・不動産運用設計
・ライフプランニング、リタイアメントプランニング
・リスクと保険
・タックスプランニング
・相続、事業承継設計
これらの科目全体で、68単位以上を履修することが前提となります。それをクリアしたら、最後に「提案書」を作成して提出します。この提案書の内容は資産設計がテーマですが、60点以上の祭典を受ける必要があります。



AFPになる方法・勉強法とは?関連ページ

FPの勉強なら日本FP協会認定講座にまかせればOK
日本FP協会認定講座なら、教材のクオリティはOKだと考えられます。さらに受験資格ももらえるから、直接2級を受けるのもOKです。
AFP資格を与えられるためのいちばんのコースとは?
AFP資格の認定を受けることは、FPの世界では必ずしも最優先事項ではないでしょう。 ただし、せっかくFP資格に […]

FPに効率よく合格できる勉強方法

フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

詳細はこちら

ユーキャン

誰もが知っている有名な通信講座。テキストを始めとした学習教材はとても易しく作られているので、初学者でも安心して学習できます。

詳細はこちら

四谷学院

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。

詳細はこちら