FP,合格

*

FPの勉強法の成功例、合格はこうやってもOK

FPの合格を急ピッチで成功させた人は、いるところにはいるものです。
ここでは通信講座F社を受講して、見事に最短距離でFP3級→2級+AFPという理想的な合格コースを歩き通すことができた、某私立大学出身のA子さん(23歳)に自らの体験を語ってもらいましょう! 

////////////////////////////////体験談・開始////////////////////////////////
私がFPを受けようと思ったのは大学3年生になったばかりのときでした。1年上の先輩たちがその頃就職活動で連戦連敗というひどい目にあっているのを見て、パニックを起こしかけた矢先にFP資格のことを知ったんですよね。

5月の3級試験には間に合わない状況でした。でも9月に受けるとして、その次に2級を目指すなら翌年1月……。もう就職活動がはじまっていますね、少し。私はFPのことはまったくの無知だったので、無理があるとわかっていたのですが……ほかにいい手も思いつかなかったんで、その無謀なコースにチャレンジしたんです。

でも、私はF社の通信講座にめぐり会うことができました。テキストやDVD映像のサンプルをオフィシャルサイトで観たらよかったんで、申し込んでみました。安かったのもありますね。

でも大正解でした! テキストはカラフルなんで、毎日読んでても飽きないんです。大事なところがどこなのか、ページを開けたときにすぐわかるのもいいですね。それとDVD! スマホやiPadでも観られるし、画面がしょっちゅうズームしたりよく動くんで、何十分も観ててもボーっとしないんですよ。飽きっぽい私にはちょうどいい教材でした。

夏休みの前の大学の試験のころなんかはあまり勉強できませんでしたけど、夏休みの間に快調に進めて、9月の3級試験はあっさりと合格! そのまま2級とAFPにシフトしました。
12月ころからもう就職活動の前哨戦でしたからその頃は余裕ありませんでしたね……。でも自分を信じて勉強は続けました。お正月も勉強して、1月の試験までに何とか通用するレベルになれたんですよね。

それが終わったらやっと、みんなより少し遅れて就活に乗り出したんですけど……3月に入ったら合格していることが判明! うれしかったですね。
その事実を履歴書に書いて、積極的にPRするようにしたら、自信がわいてきましてね(笑)。面接のときもFP受験で得たことを上手にアピールできました。

おかげさまでいま私は某損保会社の総合職でOL1年生をやっています。まあFP資格だけで決まったんじゃないでしょうけどね。でもFPを受けたからこそ今の自分があると思います。それにF社の通信のおかげで3級も2級も一発合格できてぎりぎり就活に間に合ったんだと思ってるんです! 
////////////////////////////////体験談・終了////////////////////////////////

A子さんはまだ二十歳を過ぎたばかりで、社会経験もゼロでした。しかしあわてて勉強をはじめても、てきぱきと2級合格まで行けたわけです。見習いたいものですね。



FPの勉強法の成功例、合格はこうやってもOK関連ページ

FPの勉強なら日本FP協会認定講座にまかせればOK
日本FP協会認定講座なら、教材のクオリティはOKだと考えられます。さらに受験資格ももらえるから、直接2級を受けるのもOKです。
FP1級の試験対策
FP1級に挑戦する人のために…。 このサイトは、FP3級ならびに2級に挑戦する受験生を対象に、級ごと・科目ごと […]
FP2級の実技試験対策
きんざいの実技試験対策 「FP3級の実技試験対策」のページでも触れたとおり、実技試験は、きんざいで受験した場合 […]
FP2級の学科試験対策(タックスプランニング、不動産、相続・事業承継)
「FP2級×学科試験×タックスプランニング」の勉強法 「タックスプランニング」分野では、3級から2級になること […]
FP2級の学科試験対策(リスク管理、金融資産運用)
「FP2級×学科試験×リスク管理」の勉強法 「リスク管理」分野においては、3級から2級になったことで新たに増え […]
FP2級の学科試験対策(ライフプランニングと資金計画)
FP2級学科試験の勉強法の基本的な考え方 これまでに見てきたFP3級学科試験と、これから見ていくFP2級学科試 […]

FPに効率よく合格できる勉強方法

フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

詳細はこちら

ユーキャン

誰もが知っている有名な通信講座。テキストを始めとした学習教材はとても易しく作られているので、初学者でも安心して学習できます。

詳細はこちら

四谷学院

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。

詳細はこちら