FP1級の試験対策

*

FP1級の試験対策

FP1級に挑戦する人のために…。
このサイトは、FP3級ならびに2級に挑戦する受験生を対象に、級ごと・科目ごとの効果的な勉強法を紹介するサイトですが、「2級まで来たら1級も目指したい」という方もいるかと思いますので、ここではFP1級についても簡単に触れておきたいと思います。

FP1級に挑戦する人のために…。
FP試験は、3級から2級、2級から1級と、順番に受験していくのがセオリーです。
というのも、入門クラスとも言うべきFP3級は誰でも受験することができますが、FP2級と1級には受験資格があり、たとえばFP2級について言えば、基本的にはFP3級に合格していることが条件として求められるからです。

その上のFP1級の受験資格はどうなっているかと言うと、単にFP2級に合格しているだけではダメで、それに加えて1年以上(2級に合格していない場合は5年以上)の実務経験が必要になってきます。つまり、誰に対しても門戸が開かれた試験とは言えず、このサイトであえてFP1級を除外した理由も実はここにあります。

ただし、もしあなたが将来、独立FPとして活躍することを目指すのならば、FP2級ではやや不十分で、やはりFP1級の取得を目指したいものです。

まず、FP1級の学科試験ですが、出題分野は「A.ライフプランニングと資金計画」「B.リスク管理」「C.金融資産運用」「D.タックスプランニング」「E.不動産」「F.相続・事業承継」となっており、これはFP2級までと同じ。異なるのは問題のボリュームで、FP2級までは60点満点の試験でしたが、FP1級は200点満点の試験となっています。

FP1級にも当然、実技試験がありますが、こちらはFP2級までの実技試験とは根本的に異なっています。FP2級までの実技試験は記述形式でしたが、FP1級の実技試験は口頭試問形式。①関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング、②顧客のニーズおよび問題点の把握、③問題解決策の検討・分析、④顧客の立場に立った対応の計4項目について審査されることになります。
試験の形式が異なるということは、その対策(勉強法)もがらりと変えなくてはいけないことは言うまでもないでしょう。



FP1級の試験対策関連ページ

FPの勉強なら日本FP協会認定講座にまかせればOK
日本FP協会認定講座なら、教材のクオリティはOKだと考えられます。さらに受験資格ももらえるから、直接2級を受けるのもOKです。
FPの勉強法の成功例、合格はこうやってもOK
FPの合格を急ピッチで成功させた人は、いるところにはいるものです。 ここでは通信講座F社を受講して、見事に最短 […]
FP2級の実技試験対策
きんざいの実技試験対策 「FP3級の実技試験対策」のページでも触れたとおり、実技試験は、きんざいで受験した場合 […]
FP2級の学科試験対策(タックスプランニング、不動産、相続・事業承継)
「FP2級×学科試験×タックスプランニング」の勉強法 「タックスプランニング」分野では、3級から2級になること […]
FP2級の学科試験対策(リスク管理、金融資産運用)
「FP2級×学科試験×リスク管理」の勉強法 「リスク管理」分野においては、3級から2級になったことで新たに増え […]
FP2級の学科試験対策(ライフプランニングと資金計画)
FP2級学科試験の勉強法の基本的な考え方 これまでに見てきたFP3級学科試験と、これから見ていくFP2級学科試 […]

FPに効率よく合格できる勉強方法

フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

詳細はこちら

ユーキャン

誰もが知っている有名な通信講座。テキストを始めとした学習教材はとても易しく作られているので、初学者でも安心して学習できます。

詳細はこちら

四谷学院

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。

詳細はこちら