FP2級の学科試験対策(タックスプランニング、不動産、相続・事業承継)

*

FP2級の学科試験対策(タックスプランニング、不動産、相続・事業承継)

「FP2級×学科試験×タックスプランニング」の勉強法
「タックスプランニング」分野では、3級から2級になることで出題項目として新たに、法人税、法人住民税、法人事業税、消費税、会社・役員間及び会社間の税務、決算書と法人税申告書、諸外国の税制度が追加されます。
それだけでもたいへんなのに、ひっかけ問題を始めとした意地の悪い問題が多く出題されるようになる点も、2級の「タックスプランニング」分野の特徴のひとつです。

「FP2級×学科試験×タックスプランニング」の勉強法
ただ幸いなことに、毎回の出題パターンはおおよそ決まっています。具体的には、所得税の内容に関する問題、所得金額の計算に関する問題、所得控除に関する問題、法人税に関する問題、消費税に関する問題は、必ずと言っていいくらいに出題されていますので、「タックスプランニング」分野の勉強法としては、過去問を使用した学習が非常に有効です。


「FP2級×学科試験×不動産」の勉強法/strong>
「不動産」分野は、3級と2級とで出題項目に変化はないものの、2級になると、都市計画法、建ぺい率・容積率の計算、不動産の有効活用などに関する細かい問題が出題されるようになります。

これらを含めた難しい問題が5問、それとは対照的に3級の知識でも解けるような易しい問題が5問といった具合に、難しい問題と易しい問題が半々で出題される傾向にあるため、易しい問題で確実に得点を稼いで、最低でも正答率5割を目指すのが、2級の「不動産」分野の勉強法のセオリーです。


「FP2級×学科試験×相続・事業承継」の勉強法/strong>
「相続・事業承継」分野では、3級から2級になることで出題項目として新たに、事業承継対策、事業と経営が追加されます。
とは言っても、これらからの出題は1~2問程度。追加の項目についてはあえて捨ててしまって、3級からの継続の項目のみを深めるという勉強法もアリだと思います。

「相続・事業承継」分野も、上で見た「不動産」分野同様に、易しい問題と難しい問題の落差が大きい点が特徴です。満点を狙う必要はありませんので、易しい問題で確実に得点することを目指しましょう。



FP2級の学科試験対策(タックスプランニング、不動産、相続・事業承継)関連ページ

FPの勉強なら日本FP協会認定講座にまかせればOK
日本FP協会認定講座なら、教材のクオリティはOKだと考えられます。さらに受験資格ももらえるから、直接2級を受けるのもOKです。
FPの勉強法の成功例、合格はこうやってもOK
FPの合格を急ピッチで成功させた人は、いるところにはいるものです。 ここでは通信講座F社を受講して、見事に最短 […]
FP1級の試験対策
FP1級に挑戦する人のために…。 このサイトは、FP3級ならびに2級に挑戦する受験生を対象に、級ごと・科目ごと […]
FP2級の実技試験対策
きんざいの実技試験対策 「FP3級の実技試験対策」のページでも触れたとおり、実技試験は、きんざいで受験した場合 […]
FP2級の学科試験対策(リスク管理、金融資産運用)
「FP2級×学科試験×リスク管理」の勉強法 「リスク管理」分野においては、3級から2級になったことで新たに増え […]
FP2級の学科試験対策(ライフプランニングと資金計画)
FP2級学科試験の勉強法の基本的な考え方 これまでに見てきたFP3級学科試験と、これから見ていくFP2級学科試 […]

FPに効率よく合格できる勉強方法

フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

詳細はこちら

ユーキャン

誰もが知っている有名な通信講座。テキストを始めとした学習教材はとても易しく作られているので、初学者でも安心して学習できます。

詳細はこちら

四谷学院

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。

詳細はこちら